Part of week vol.4: ヘリンボーンギア

マイクロマシンは、小型・高精度・軽量という特徴を持ち、機械の感度や効率向上、エネルギー消費の削減が可能で、センサー、マイクロポンプ、マイクロバルブ、マイクロモーターなど幅広い分野で利用されています。

今回のPart of the Weekでは、BMF製のマイクロヘリンボーンギアをご紹介します。

https://youtu.be/IKiGFjUJSYo

このマイクロヘリンボーンギアはBMF社3DプリンターmicroArch®S130(解像度2μm)で一体成型プリントされました。ギアの最小隙間は20μmとなり、加工公差を厳しく制御できたため、目立った干渉を起こすことがなくスムーズに回転させることができます。類似用途では、一体成型にすることで、複雑な組立工程を回避することができます。この機能は、組立てが難しいマイクロパーツにとって非常に重要です。

Fig 1 ギアの3Dモデル図

BMFの3Dプリンターや技術にご興味のある方は下記まで遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせ

その他の記事