超精密3DプリンティングのスタートアップBMF社、Materialise社とのパートナーシップを発表

Micro 3D Printing Startup BMF Announces Partnership with Materialise

By 3D Print.com (2/25/2021掲載分)より引用

Micro 3D Printing Startup BMF Announces Partnership with Materialise

 

Materialise (Nasdaq: MTLS) は、デスクトップの押出式 3D プリンタから産業規模の機械に至るまで、3D 印刷業界のシステム用の造形プロセッサとソフトウェアを長年開発してきました。MaterialiseはBoston Micro Fabrication (BMF)と提携し微細造形分野に参入しようとしています。今後BMF光造形プリンタ用のMagics Build Processor 3DプリントソフトウェアはBMF社を通じて提供されることを発表しました。

Magics Print for BMFを使用したサポート生成の自動化。画像提供:BMF

 

2020年2月、BMFは、人間の髪の毛の100分の1の微細モデルを印刷できるフラッグシップ3Dプリンター「microArch」シリーズをデビューさせました。さまざまなサイズが用意されているmicroArchは、2μm(10μm)という微細な解像度で、±10μm /±25μmの公差で印刷でき、射出成形と比較してもコスト競争力のあるボリュームで印刷することができます。また、高硬度、弾性、鋳造、生体適合性、高温の樹脂にも対応しています。この技術を用いた印刷対象物の例としては、テラヘルツレンズなどがあります。

Magics Print for BMFでは、詳細な部品情報を確認することができます。画像提供:BMF

 

Magics Print for BMFを使用することで、マイクロスケール3Dプリントを使用しているユーザーは、Materialiseソフトウェアを使用して造形条件を設定し、データを準備することができるようになりました。このソフトウェアは、ユーザーの特定の形状に合わせてカスタマイズできる構造タイプとスタイルを備えたサポート構造の生成に大きな改善をもたらします。これにより、ユーザーは造形の成功率と精度を向上させ、前処理時間を短縮することができると同社は強調しています。このソフトウェアには以下の機能があります。

 

STLファイルのインポート

翻訳、回転、スケール部品

自動配置を使用して、配列を使用してパーツを複製したり、パーツを配置したりすることができます。

点、線、ブロック、円錐形、木など各種サポート構造のためのカスタマイズ可能なプロファイルによるサポート構造の生成

Magics Build Processorを使用した高解像度造形データ(スライス/レイヤー)の作成

“今回の提携により、当社の主要な3Dファイル編集ソフトウェアの強みとBMFの強力なPµSL 3Dプリント技術が融合します」と、MaterialiseのシニアマーケットディレクターKarel Brans氏は述べています。”これにより、BMFのお客様は、現在の市場で入手可能な最高レベルの精度と正確性を達成することができます」と述べています。

同社のウェブサイトにあるMaterialise社の「OEMソリューション」のページにアクセスすると、この業界の多種多様な企業の膨大な数が掲載されています。筆者でさえ、Materialise の最新のパートナーシップの一部を知らなかったため、その多様性に驚きました。EOS、SLM Solutions、3D Systems、Arcam/Concept Laser/GE Additive、SiemensやPTCのようなソフトウェアリーダーのような業界大手に加えて、Additive Industries、HP、AddUpのように、独自の能力を証明した新規参入企業もあります。そして、デスクトップメタルやEssentiumのようなエキサイティングな新興企業があります。

Materialiseの多くのパートナー。

 

これらのパートナーシップの多くは、3Dプリントソフトウェアと機械自体の間の通信を可能にするMaterialiseのMagics Build Processorの統合を含んでいます。明らかに、これらの企業の多くは、大小、新旧を問わず、同社の造形プロセッサがこの重要なタスクに非常に有効であることを知り、自社の機器に統合しています。あるいは、Magics Printのような造形プロセッサで動作するMaterialiseの残りのソフトウェアが非常に普遍的であるため、通信を合理化するためには、機器に造形プロセッサをインストールしておく方が簡単かもしれません。

BMFの技術を使って作られた3Dプリントされた心血管ステント。画像提供:BMF

 

BMFとの提携により、Materialiseはマイクロプリントのニッチセクターにまで市場領域を拡大しました。言い換えれば、Materialiseは3Dプリント分野の隅々にまで浸透しています。そして、このセクターは、製造業の主要企業が本技術を採用し、MaterialiseがBASFによる2018年の投資によっても実証された上昇基調を推進している流れ、に伴って成長し続けています。新しい3Dプリント技術が市場に出ているのか?おそらく、Materialiseが関与していることに気づくだろうと推測できます。

BMFの技術で作られた3Dプリント内視鏡のシェル。画像提供:BMF

 

最近の記事では、3DPrint.comエグゼクティブエディターのJoris Peels氏が、マイクロスケールの生産を含む、よりニッチな3Dプリントサービスを話題にしています。我々は今、BMFがソフトウェアの最前線でMaterialiseと提携しているのを見ていますが、マイクロスケールサービス最前線で同様のパートナーシップを見る日も遠くないかもしれません? 結局のところ、小さな心臓血管のステントや内視鏡の部品を3Dプリントする機能は、医療用3DプリントにおけるMaterialiseの膨大な経験との相乗効果があるように思われます。

その他の記事